福知山市で武道、スポーツを始めたいと思っている方。少林寺拳法で楽しみながら自分磨きをしてみませんか?少林寺拳法福知山スポーツ少年団では会員を募集中です!

勝敗を求めると

勝敗を求めると

日本武道協議会に所属する武道団体の中で格闘技系でありながら勝敗を争わない武道は少林寺拳法と合気道だけのようです。
註:日本武道協議会加盟団体(柔道・剣道・弓道・合気道・空手道・少林寺拳法・相撲・銃剣道・なぎなた各連盟)

武道が競技化していく中で重要視されるのは勝敗の行方です。修行で得られるべき精神面が少しずつ削られ消えていくのは寂しいものがあります。
それを嘆いて元に戻したいと努力している指導者もいますが、一度流れが出来てしまうと一団体の問題ではなくなり元に戻すのは不可能に近いようです。

----- ★ ----- ★ -----

画像の説明

柔道を例に挙げると、柔術という武術に教育的価値をつけて社会に有益な人材育成を図る武道としての意味を込めて柔道とした筈なのに、柔道の国際化と共に本来の意味が薄れスポーツ化の波に呑まれていきました。
「精力善用」「自他共栄」の精神を取り戻し柔道本来の姿に変えたいと努力している指導者の一人である山下泰裕氏も国際柔道連盟の理事を去ることになり、今や国際柔道連盟は商業的色彩の強い組織になってしまったようです。

----- ★ ----- ★ -----

武道の精神とスポーツの精神は同じように見えても現実に行われる内容は異なります。
武道と格闘技も同じものでありません。
武道の経験を持たない人は、いいえ例え持った人であってもその自覚の無い人には同じに映るでしょう。
武道が自分の生き方を見つめる手段として行われるのに対して、スポーツや格闘技はルールに則った試合が中心になります。 勝敗の結果が問われるからです。

----- ★ ----- ★ -----

観衆の関心はどちらが勝つのかどちらが強いのかに集まるのであって、その人の生き方や考え方を知りたいと思って試合を見ているわけではありません。
大衆が求めるところには商業化が生まれるのは当然の帰結であり、知らぬ間に選手も染まっていくのはやむを得ないようです。

勝てば英雄にもなれますが負ければ消えていくしかないのがスポーツや格闘技の世界ですから強さを求めるのは仕方ないかもしれません。
ここに、武道とスポーツの違いをはっきり認識して修行しなければ、いずれ迷い込んで「勝敗にこだわる」という落とし穴に落ちる危険性があります。

----- ★ ----- ★ -----

少林寺拳法では単なる武道と真の武道を分けて考えます。さらに、少林寺拳法は単なる武道やスポーツではなく「宗門の行」なのだと定義してこの落とし穴に落ちないように歯止めをかけています。

少林寺拳法は勝敗を争わず、心身一如の修行によって自己を確立するとともに自他共楽の精神で豊かな社会を作ることを目的にしています。
しかし、それでもなお変わらないという補償はどこにもありません。

繰り返しますが大衆の興味は勝敗の行方にあることを自覚しましょう。それに踊らされて自分を見失うことほど愚かなことはありません。
我は我、他人は他人。自分の道(生き方)は迷うことなく自分でしっかり歩くことが大切です。


コメント


認証コード7863

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional