福知山市で武道、スポーツを始めたいと思っている方。少林寺拳法で楽しみながら自分磨きをしてみませんか?少林寺拳法福知山スポーツ少年団では会員を募集中です!

2010-06-01

2010-06-01

第48話 つながる

大会も終わり、次は今週金曜日から始まる少林寺拳法教室に精力を傾けることになります。

昨年までは木曜日に行ったため通常の練習と重なり、道場の稽古を見ることができず拳士の皆さんには随分と迷惑をかけてしまいました。

その反省から今年は金曜日に変更したのですが、これはこれで私には大きな負担ですね。

これで 月・水・木・金
と週4回の稽古日となってしまいました。

半年間の少林寺拳法教室。
果たして乗り切れるのか? 

賭などしないでくださいよ。

乗り切るのに決まってますから…。

昔は

 (つい、昔の話が出てしまいますが気にしないでください。)

昔は月曜から土曜まで毎日、それも同じ日に二ヶ所でやってたこともあるのですから。

それに比べれば、週4回の稽古日など…
と、思う一方で

昔ほど若くないのだから… という悪魔の囁きも聞こえてきます。
空元気を出しても歳は歳だぞ------と。

「空元気」

これこそ 私の元気の素。 恐れるものは何もありません。



それよりもっと心配なのは------

受講生がいるのかどうか

です。



武道館に尋ねたところ、今年は教室の案内や申込用紙が備えられてないとのこと。
いつもなら、もう既に何人かの申込者がある時期です。

不安がよぎります。

こんなこともあり、以前から気に掛けていた思いが頭に浮かんできました。

それは、

色んな都合で道場を離れた拳士とのつながりです。

昔からよく思っていました。OB会を作って縁あって出会った彼らとの関係を何とか大事に出来ないものか、道場だけのつながりではなく日常でのつながりができないものか、と。

そうですよね。

既にそのきっかけが存在していたのに、それに気付かずに見過ごしていたんです。

何もそんなに堅苦しく考えなくても、少林寺拳法教室という気軽に出会える場があったんです。
我ながら自分の愚かさに、智恵の働かない愚かさに呆れます。

早速、休眠している何人かにメールしました。
既にアドレスが変わっていて、届かないのもありましたが、何人かとは連絡がとれました。

うれしいことに
「参加します」との返事もきました。

何も出会うだけがつながりではないですよね。

遠く離れていても電話やメールで繋がっている人達は一杯います。

要は、その人達のことを忘れずに気に掛けているかどうかですね。

どこかで出会ったときに気軽に声を掛けられる関係があればつながっています。

この少林寺拳法教室での再会がつながりを再び強くしてくれるでしょうし、初めて受講する人達とはつながりのスタートになります。

「空元気」ではなく

こころを弾ませて

「元気」

に頑張りたいと思います。


コメント


認証コード0197

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional