福知山市で武道、スポーツを始めたいと思っている方。少林寺拳法で楽しみながら自分磨きをしてみませんか?少林寺拳法福知山スポーツ少年団では会員を募集中です!

2010-12-03

2010-12-03

第180話 壊れた~

この間から古い方のパソコンがいうことを聞きません。
電源はコンセントに連動タップを差し、そこからパソコン用×2、ルーター用、ディスプレイ用などを取っています。就寝時には電気代節約のために大元のタップスイッチを切るので、パソコンを使用するときは当然タップのスイッチを入れてからパソコンの電源スイッチを入れることになります。

ところがタップのスイッチを入れた途端にパソコンのスイッチも入ります。いうならばコンセントに電源を差し込んだ瞬間に電源が入り起動するようなものです。

それで問題なければ便利なのですが・・・そんなはずもなくポスト画面が表示され時計が工場出荷時の状態に戻ってしまい、エラーメッセージが出てファイヤーウォールなどのソフト類が変になります。その上、BIOSの設定をし直すように促され、何とか起動しても次に使うときはまた同じ様に面倒なことを強いられるのです。

これは内蔵電池の消耗ですので、フタを開けてマザーボードにある電池を交換することになります。ところが開けてみてもその電池がどこにあるのか探すのが結構大変でした。ようやく見つけたものの今度は狭い中で外す作業ですので結局マザーボードをごっそり外すことになりました。これがスリム型パソコンの弱点です。ノート型ならもうお手上げでしょう。

100万ボルトへ行って電池を買い、入れ替えるとすんなり元に戻りました。
要した費用はたったの249円。あっけない費用で済みました。修理に出すとこの値段ではとてもとても・・・でしょうね。下手すると買い換えを勧められるかも、です。



話は変わりますが、昨日の稽古ではリョウジくんが壊れました。

これまでにも時々もめ事があった彼でしたが昨日はいつもと様子が違いました。相手の首筋と髪の毛を掴んで床に押さえつけて離さないのです。二人を引き離そうとしたのですがその力の強いこと、顔つきも尋常ではありません。
何とか引き離したものの相手をグッと睨み付けて怒りが収まらないふうです。20分くらいかけて事情を聞いたり心情を聞いたりしてやっと収めました。いつもながらケンカの原因は双方とも言い分があって水掛け論になりました。

「練習しとらん!」「やっとるやん!」・・・こんな所から双方の性格がぶつかってエスカレートしていったようです。
ケンカのきっかけは些細なことであってもどんどんエスカレートしていきます。ここが恐いところです。言われたら言い返すか、黙るかです。

自分が正しければ黙っていずにいうべきことをいうのは結構なことですが一線を越えて相手を傷つけることを言ったり手を出したりはすべきでありません。ケンカになった双方の言い分には後に引けない言い分もあったのでしょう。その点はある面で認めるとしてもやり過ぎた点は無かったのか、自分が必要以上にやったことが相手を怒らせたのではないかということを反省させました。

双方の言い分を言わせた後、やり過ぎた点を考え、答えさせて落ち着きました。リョウジくんもこの時点でやっと怒りも収まり笑顔が見えました。この件はここで収まりましたが彼等の心のメンテナンスはまだまだやっていかないと同じことを起こすかもしれません。
精神的に安定したときにまた話し合いが必要でしょう。

少林寺拳法の拳士は皆仲間で同士だから仲良くして当たり前、などと安心していたらこんな事も起こります。指導の難しさ、人を育てることの難しさを痛感した一件でした。


コメント


認証コード3859

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional