福知山市で武道、スポーツを始めたいと思っている方。少林寺拳法で楽しみながら自分磨きをしてみませんか?少林寺拳法福知山スポーツ少年団では会員を募集中です!

2011-02-22

2011-02-22

第213話 自己コントロール

今日は大阪までちょっとした勉強に行ってきました。

その中の一つに自律訓練法というのがあり、受けてみてとても気持ちよかったです。

仰向けに寝て、先生の言葉に従いながら自分をリラックスしていく内に意識が飛んで夢の世界に引きずり込まれそうになりました。

でも、何も考えずにただ言葉に従うというのも結構難しいものですね。

つまり、外部からの声に従っているうちは「命令されている自分」がいるんですが、そうではなくてその声を自分の心の中に引き込んで「自分の内なる声」として捉えて心をコントロールしていく難しさです。

先生の声は導入であって、意識付けしていくのはあくまでも自分の心ですから。


そして、こういったことは、いい加減な気持ちではできないな、とつくづく思います。
「ばかばかしい」と思えばそれまでのこと、本当に馬鹿らしくなりますし、「これが何になる?」という声に従えば「何にもなりません」。
要は受ける側の意識次第なのです。

「効果があるかないか?」 「価値があるかどうか?」 「何のためにするのか?」

などと、私達は知らず知らずのうちに結果を求める習慣がついてしまっているんですね。

「価値があるからする」 「無駄なことはしない」 「もっと効率を高めて」などと省力化と効率化を求めて高価値を求めたがります。


しかし、世の中に存在するものに「価値」も「効率化」も「美醜」さえも本来は存在せず、ただ「そのように意識する心」が存在するだけなんです。

「価値」が「ある」と思う人には価値があり、「価値」が「ない」と思う人には価値がないだけの話です。

本来は全てが「無」であり、意識のみが「有」を生むのです。そして「有」は同一ではなく、意識次第で様々な形となって現れてくるのです。



そう考えると、
フラットな精神を持ち、我執我欲に囚われない「無心」や「空」の精神を養う必要がありそうですね。

ただ、そんな難しいことは分からないので
まずは、自分の心をコントロールする入口として「自律訓練法」くらいからスタートしてみるのも面白いかもしれませんね。

2時間ほどの勉強(訓練)でしたが、とてもタメになりました。

実際は実技だけでしたが、こんなことを考えさせられたいい勉強会でしたので、しばらく参加を続けてみます。 (^-^)V


コメント


認証コード9992

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional