福知山市で武道、スポーツを始めたいと思っている方。少林寺拳法で楽しみながら自分磨きをしてみませんか?少林寺拳法福知山スポーツ少年団では会員を募集中です!

2011-05-26

2011-05-26

第239話 大会練習の効果

時々ホームページのアクセス数がアップすることがあってビックリします。
昨日は80人近くが訪問してくれていますし、今日ももう50人を越えています。

うちの拳士と保護者を対象の中心としているので内容的には偏ってます。
でも、少林寺拳法の行事関係は出来るだけ早めにアップするようにしているので
これらの情報を参考にする他支部の拳士がいるのかもしれませんね。

それはそれでお役に立っているなら幸いです。

さて、京都府大会まであと3日になりましたね。

子供達の顔つきが変わるのを見ると大会が近づいているのが分かります。

道場の雰囲気がいつもと違ってきますからね。

大会前のブログには毎回書いてると思いますが、
子供達の動きはこの短期間の稽古でガラッと変わります。

その変容振りに私たち指導者も保護者と同じように驚いています。


大会初出場の白帯さんもスゴイ変わりようですね。
今日はビックリの連続でした。

足立姉妹もヨシキ・マミカ組もホウ・トシヒロ組もたった一日で驚くような
変わりようです。もちろん、上達したという意味ですからね。

これは絶対にお母さん達のお陰ですよね。
今日は昨日注意したところをちゃあんと直してましたし・・・
いやいや、大したものです。


今日の足立姉妹はグッドでしたよ。
いつもは二人で言い争いがあるのに今日は間合の取り方もよくて
技が充分に活かし切れていました。

敢えて言うなら、小手抜の技で、抜いたその手で裏拳を打ってから一歩差し替え
て中段突きを入れるところで足の入りと手の突きが同時になって力が入ってなかったです。


直すための説明はこうでした。
右手で裏拳を打ったとき左手をしっかり胸前に引いておいて、
そのままの姿勢で右足を差し込み、足が着いたら左手(拳)で後から思い切り突く。

って、こんな堅苦しい説明ではないんですが・・・・。
手取り足取り、笑わせながら楽しくやらせます。

締めは、
明日、忘れてしまわないようにちゃんと覚えといてねぇ
よし、指切りぃ~・・・で指切りげんまんしてバイバ~イ!!


あっ、今日書きたかったのはこれではなく、
(まぁ関係なくもないのですが)
みんながこの短期間で変わるのは何故か?ということについてです。

それは・・・
「雰囲気」ですね、きっと。← 単純な結論です(^^;)

みんなが頑張って「やろう」と思う「気」の一つ一つが誘発作用を起こし
道場内に「気」が充満するからに違いない、と思うんですよね。


そしてそれを引き起こすきっかけはやはり「大会に出て頑張る」という
「気」の「持ちよう」なんでしょう。

それらが連鎖反応を起こして、やがてどんな子供達も一体となっていくのが
本当によく分かります。

こういう雰囲気を持つ場がいつもあれば、などと欲を出してしまうのですが
やはり、それは指導者の「欲」なんでしょうか、それとも希望なんでしょうか。


まあしかし、余り定義づけない方がいいかもです。
うまく行くときがあり、上手くいかないときがありして人は喜んだり
反省したりして生きていくものですからね。

「成長」なんて結構そんなもんかもしれないので安心するのも焦るのも
やめてじっくり大きく見ていきましょう。


さあ、大会当日までにどれだけ化けてくれるのでしょうか?
楽しみです。

でも、欲を出しすぎないように要注意ですよ。
あくまでも自分のレベルと時間軸の中で可能な範囲を決めてペース配分しましょうね。


コメント


認証コード8087

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional