福知山市で武道、スポーツを始めたいと思っている方。少林寺拳法で楽しみながら自分磨きをしてみませんか?少林寺拳法福知山スポーツ少年団では会員を募集中です!

第289話 楽しい個性筆をならいました

第289話 楽しい個性筆をならいました

個性筆ってご存じでしたか?

えっ、知ってました?


私は知らなかった方ですが、でも何となく想像はつきますね。
自由に書いていいんだなって。


私がこれを知ったのは偶然でした。
院に治療に通う患者さんと食べ物の話になったとき
カバンから筆ペンを取り出してサラサラっと「まごはやさしい」って書きました。
いわゆる、豆、ゴマ、わかめ、野菜、魚、椎茸、芋っていうやつです。

その文字を見て思わず 「カッコイイ!!」
そして次にはもう「これっ、私も書きたい」になってました。


聞いてみると綾部の志賀郷という土地に千葉県から移住してきた青年が教えてるとのこと。

で、次は「いつ」「どこで」やるのか調べて分かったら教えて下さいね、と頼んでました。

それほど「そそられる」個性文字。

習ってきましたよ~。

これです。
自分の名前を書いてみました。

こんなのも書いてみました。
施術室の入口と部屋の中にあるボードに貼ってます。

&show(): File not found: "Fude01.jpg" at page "gazo";画像の説明
画像の説明画像の説明




上手くなくてもいい、自分の好きなように書けばいい、というのが個性筆。


要は楽しければそれでOKという世界です。

これなら筆を持つのが苦にならない。

筆が苦手な私にピッタリです。

わざわざブログにこれを載せた理由。

「先生に言われたから」 (^_^)

言われたこと。
それは


「人に見せること」

ですって。

何事も同じなんですね。

上手になってからでは無く、下手なうちに他人に見せる

それが「上達のコツ」ってヤツです。

では、続きはまた。

コメント

  • このコメントは管理者による承認待ちです。



認証コード7318

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional