福知山市で武道、スポーツを始めたいと思っている方。少林寺拳法で楽しみながら自分磨きをしてみませんか?少林寺拳法福知山スポーツ少年団では会員を募集中です!

第294話 京都府大会を終えて 保護者の感想①

第294話 京都府大会を終えて 保護者の感想①

ふ昨日の福知山のメンバーは、皆さんとても素晴らしかったですよ。
⇒私も身近に見たかった。行けなかったのが残念!!

色々なアクシデントや環境の中で、持てる力を本番に出しきる姿を間近で見れて、ただただ凄いなぁと見入ってしまいました。
全国大会に出場される皆さんには、本当に頑張って頂きたいと願っています。

子供達に関しては、昨日朝合わせた稽古の時点で、土曜日よりグンと出来映えが良くなっていました。
⇒みんなの気持ちが一つになったのでしょう。気持ち一つで行動が変わることを体験したよね。

皆さんの家での復習や、本人たちの心構えでしょうか?
⇒そうです!(^_^) 中には「家で練習させるので先生の動きをビデオに撮らせて」という保護者もいましたよ。そんな想いが伝播したのでしょうね、きっと


画像の説明

本番では由基が演武が終わった後の「回れ右!」の掛け声を言わず、他の子達に「なんで掛け声言わないの?」という妙な間が出来た場面もありました。


どうも、直前の子達が合掌礼をしてそそくさ横にはけていった姿を見て、「僕達も合掌礼で終われば良いのでは?」と迷いが出たみたいです。( ̄□ ̄;)!!
見てる親たちには一大事でしたが。
⇒あはっ(^_^;) しょうがないなぁ。自分たちは自分たちの表現があるのでそのまま通したら良かったのにねぇ。次は周りに惑わされないで自分たちの表現をしっかりやってください。自己主張しましょう、していいんだよ~!!


本人達が審査員の先生方の点数を単純計算して順位を調べた結果、子供達曰くですが福知山は7位だったそうですよ。

あのスタートの姿から考えると大健闘です。
⇒結果が気になって計算したというのは、本人達も頑張ったという気持ちがあったからだと思います。見違えるような変わりようでしたからね。


由基には6年として皆をまとめ、教えるという、とても貴重な経験をさせてもらったと感謝しています。
自分達も大会に初出場した頃は、周りのお兄ちゃんお姉ちゃんに教わり引っ張りあげてもらったと。

まとめる立場になり、今度は下級生達の成長を促すようにしないといけないよと話してはいたのですが、小さい時の由基や蒼太君の印象が強いので、二人が教える姿を見て感慨深い不思議な感覚がありました。
⇒そうそう。練習もしないで何座ってるんだ!と思って近づくと、下級生の子に一組ずつ演武をやらせてチェックしてた。
そうあって欲しい、と思ってたことを自分たちの意志でやってた。これは変に口出しせずに子供達に任せようとその場を離れ見守ることにした。大人が教える込むよりも大切なことを手に入れたよね



太喜は京都大会は初出場。
運良く兄弟で同じ目標に向かい、又仲間たちと心合わせて演武する事が出来、成長出来た期間だったと思っています。

本人達も学校の日記に「心合わせて頑張った。」「やりきったのでうれしい。」と書いていました。

清々しい気分で、やりきった満足感に満たされて眠りにつきました。
⇒そう、大事なのはこの部分。自分のチカラを出し切ること。これを体感してもらいたくて口うるさく指導することもある。賞をエサにしてさえ言うこともある(^_^)



ナイル君との感動の再会もありましたよ。抱き合ってキャーキャー言ってました。(*^^*)
仲間が引っ越し先で続けて頑張っている姿を見て、素直に感心しているようでしたよ。

今回の経験を糧に、今後の成長に繋げていってほしいです。

ご指導ありがとうございました。
⇒3月末で引っ越したナイル君との出逢いも、ナイル君が少林寺拳法を続けてくれているからできたこと。うれしいですね。


コメント


認証コード7751

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional